毎日のお肌ケアは合っていますか

周りと同じようなケアはダメ

正しいスキンケアの仕方がわからないからといって、とりあえず周りと同じ商品を買ってお肌のケアをしてしまってはいないでしょうか。
人それぞれ、肌質は違います。
だからこそ、さまざまな化粧品メーカーが同じブランド内でもしっとりやさっぱりといった使い心地の違う商品を出したり、オイリーやドライなど肌質によって使い分けられるように商品を出しているのです。
ドライ肌の人がオイリー肌の人と同じようにお肌のケアをしていても、水分も油分も不足してドライ肌は改善されません。
逆に、オイリー肌の人がドライ肌の人と同じようにお肌のケアをしてしまっていては、油分が過剰になりオイリー肌が悪化してしまうこともあります。
スキンケアはお肌が必要としている、不足しているものを補うことです。
周りと同じだからという理由でスキンケア商品を選んで使っていては、たまたま合っていたということがない限り、自分のタイプにあったお肌のケアはまず出来ません。
顔全体が乾燥しているドライ肌、顔全体が脂っぽいオイリー肌、表面は脂っぽくても中は乾燥しているインナードライ肌、Tゾーンだけが脂っぽかったりUゾーンだけが乾燥していたりその両方だったりと、さまざまな肌質が存在します。
自分の肌質に合う合わないを考えずにスキンケア商品を使っていては、上手く不足を補えずに肌質が改善しないどころか逆効果になってしまいます。
特に化粧品にかぶれやすい敏感肌の方は、注意が必要です。
一番いいのは計器等で自分の肌タイプを見極め、それに合わせてスキンケアをすることです。
計器での測定が難しい場合は、乾燥や皮脂など自分の悩みに合わせてスキンケアをセレクトすることが最も簡単です。
肌のターンオーバーはおよそ一ヶ月とされており、スキンケアの方法が肌に合っていれば一ヶ月ほどで肌質が変わってくることがあります。
敏感肌で新しいスキンケア用品をいきなり使うのが恐いという方は、まずパッチテストをして様子を見ることをオススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ